警備員から転職!未経験業界に転職する秘訣を紹介

警備員として働いてきた方が未経験業界に転職することは可能です。しかし、そのためには特定の秘訣や戦略が必要になってきます。本記事では、警備員から未経験業界に転職するための成功のポイントを紹介します。どのような活動や準備をすべきか、面接時にどのようなポイントが評価されるのか、具体的なアドバイスをご紹介します。警備員から新たなキャリアにシフトするために、ぜひ参考にしてください。

目次

1.警備員から未経験職種・業種に転職を考える理由

警備員から転職!未経験業界に転職する秘訣を紹介

1-1.警備員にやりがいを見出せない

警備員として働いている方の中には、業務にやりがいを見出せないと感じている方もいるかもしれません。この場合、転職先でのやりがいを見つけることが重要です。自分の興味や関心がある業界に転職し、自分の能力や経験を活かせる仕事を見つけましょう。また、転職前に自己分析を行い、自分の強みや適性を把握することも大切です。

1-2.警備員の将来のキャリアへの不安

警備員として働く場合、将来のキャリアについての不安がある方もいるでしょう。この場合、転職先での成長性やキャリアパスを考慮する必要があります。将来的にスキルや知識を伸ばせる環境や、昇進やキャリアアップの機会がある企業を選ぶことが重要です。また、業界や職種のトレンドを把握し、将来性のある分野に転職することも一つの方法です。

1-3.警備員は肉体労働や職場環境がつらい

警備員は肉体労働が伴うことが多く、職場環境も厳しい場合があります。このような場合、転職先での労働条件や職場環境に注目しましょう。例えば、オフィスワークやクリエイティブな職種を選ぶことで、肉体労働からの転換を図ることができます。転職先での労働環境を十分にリサーチし、自身に合った働き方を見つけることが大切です。

1-4.警備員は給与が安い

警備員の給与が低いと感じる方もいるでしょう。この場合、転職先での給与水準に注目しましょう。転職することで給与アップが見込める職種や業界を選ぶことが重要です。ただし、給与だけに注目せず、将来の収入や福利厚生など、総合的な待遇面を考慮することも忘れずに行いましょう。

1-5.警備員は休暇が不規則

警備員の勤務形態は夜勤や交代勤務が多いため、休暇が不規則であると感じる方もいるかもしれません。この場合、転職先での働き方や休暇制度に注目しましょう。正社員として働ける職種や、休日が確保しやすい企業を選ぶことが大切です。また、ワークライフバランスが重視される企業や業界に転職することで、休暇の充実度を向上させることもできます。

転職活動に踏み出せない方や迷っている方などは転職エージェントにぜひ無料相談してみてください。

20代におすすめの転職エージェント

体育会データベースキャリア

・20代のスポーツの経験者に特化した求人紹介と転職支援
・未経験OKの企業の求人が多数

2.警備員から未経験職種・業種への転職を検討したほうがいい人の特徴

警備員から未経験の職種や業種に転職することを検討するには、以下のような特徴がある方におすすめです。

2.警備員から未経験職種・業種への転職を検討したほうがいい人の特徴

2-1.新しいキャリアを踏み出したい

警備員としての経験は貴重ですが、同じ仕事に長く取り組むことで、やる気やモチベーションが低下することもあるでしょう。もし新しいキャリアを築きたいと思っているなら、未経験の職種や業界に転職することを検討してみてください。新しい環境でのスタートは、あなたにとって新たな成長の機会となるでしょう。

2-2.収入を上げたい

警備員の給与水準は、他の職種に比べてやや低くなることがあります。もし収入を上げたいという希望があるなら、未経験の職種や業界に転職することで、将来的な給与アップの可能性が広がるかもしれません。新しいキャリアをスタートさせることで、経験やスキルを積み重ねることができ、それによって収入アップへの道が拓けるのです。

2-3.オフィスワークに挑戦したい

警備員の仕事は主に現場での作業が多い傾向がありますが、もしオフィスワーカーとしての新たな挑戦をしたいと思っているなら、未経験の職種や業界に転職することがおすすめです。オフィス環境ではコミュニケーション能力やPCスキル、組織への適応力などが求められますが、警備員としての経験があるという点はアピールポイントになるでしょう。

2-4.日々のマンネリから抜け出したい

警備員の仕事は定期的なパターンでの業務が多いため、毎日のルーティンに飽きが来ることもあるかもしれません。もし日々のマンネリを脱し、新たな刺激を求めているのであれば、未経験の職種や業界に転職することがおすすめです。新しい職場や業務は、あなたに新たなやる気やモチベーションを与え、充実感を感じさせることでしょう。

2-5.仕事へのモチベーションを上げたい

警備員の仕事は、一人で黙々と取り組むことが多いため、モチベーションが下がりやすい場合もあります。もし仕事へのモチベーションを上げたいと思っているなら、未経験の職種や業界に転職することで、新たなチャレンジや成果を実感することができるでしょう。新しい仕事に取り組むことで、やる気やモチベーションが高まり、自身の成長を実感することができるのです。

3.警備員から転職を成功させるための行動や準備などのポイントは?

3-1.興味のある業界や職種について調べる

まずは、転職を考える業界や職種についてしっかりと調べましょう。警備員の経験を活かせる可能性のある仕事や、自分が興味を持って取り組める業界を見つけることが重要です。インターネットや書籍などの情報源を利用し、各業界や職種の特徴や求められるスキルを把握しましょう。

3-2.転職サイトに登録する

転職サイトは、未経験業界への転職活動において非常に便利なツールです。自分の希望条件に合った求人情報を検索できるだけでなく、履歴書や職務経歴書の作成のサポートも受けることができます。転職サイトに登録して、積極的に求人情報をチェックしましょう。

3-3.転職エージェントに相談する

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれる専門家です。自分の希望やスキルに合わせた求人を紹介してくれるだけでなく、面接対策やキャリアアドバイスも提供してくれます。自分自身では見つけづらい求人情報や、適切なアドバイスを受けたい場合は、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職活動に踏み出せない方や迷っている方などは転職エージェントにぜひ無料相談してみてください。

20代におすすめの転職エージェント

体育会データベースキャリア

・20代のスポーツの経験者に特化した求人紹介と転職支援
・未経験OKの企業の求人が多数

3-4.希望業界や志望する企業の理解を深める

転職活動をする上で欠かせないのが、希望業界や志望する企業の理解です。業界の最新動向や企業の特徴、ビジョンなどを事前に把握しておくことで、面接時のアピールポイントとなります。インターネットや業界図書館などを活用し、しっかりと知識を蓄えておきましょう。

3-5.興味のある業界や職種に必要なスキルを学ぶ

未経験業界に転職する場合、新たなスキルや知識の習得が求められることもあります。興味のある業界や職種に必要なスキルを学ぶための勉強や資格取得を積極的に行いましょう。専門学校や資格試験の勉強会などの活用も検討してみると良いでしょう。

3-6.アピールポイントを明確にする

警備員としての経験や強みを明確にし、アピールポイントとして伝えることも重要です。自己分析を行い、自身のスキルや成果を具体的に挙げることで、採用担当者にアピールすることができます。また、チームワークやコミュニケーション能力など、警備員としての経験で培われたスキルも活かしてアピールしましょう。

3-7.自己PRを磨く

面接では、自己PRが非常に重要です。自分自身の魅力や強みを明確にし、それを上手にアピールすることが求められます。具体的な事例や実績を挙げて説明することで、自己PRを磨きましょう。また、緊張せずに自己表現するために、面接練習やロールプレイなどを行うことも有効です。

4.警備員から転職する時に活かせるスキルとは?

警備員としての経験は、未経験業界に転職する際に活かすことができるスキルがあります。具体的には以下のようなものがあります。

4-1.警備業界での専門知識

警備員としての経験は、未経験業界での転職時に大きなアドバンテージとなります。警備業界では、施設のセキュリティやリスク管理に関する専門知識を身につける機会があります。この知識を活かして、安全管理やセキュリティ対策が求められる業界への転職を考えてみましょう。

4-2.警備員で培った状況判断力

警備員として働く中で培われる重要なスキルの一つが、状況判断力です。危険な状況や異常な行動に迅速かつ適切に対処する能力は、さまざまな業界で必要とされます。未経験業界での転職時には、自分の状況判断力をアピールすることが重要です。

4-3.警備員で培った体力

警備員の業務は、体力を要するものがあります。長時間の立ち仕事や巡回、重い荷物の運搬など、体力が必要な場面が多いです。この体力を活かして、物流や建設業などの仕事に転職することも考えてみてください。

4-4.警備員で培った正社員や派遣社員、アルバイトなどのマネジメントスキル

警備業界では、管理職としての経験を積む機会もあります。正社員や派遣社員、アルバイトなど、異なる雇用形態でもマネジメントスキルを身につけることができます。これは他業界での転職においても大きな魅力となります。

4-5.警備員で培ったコミュニケーションスキル

警備員としての業務では、施設の利用者や他スタッフとのコミュニケーションが欠かせません。コミュニケーションスキルを活かして、営業やカスタマーサービスなどの対人業務に転職することも考えてみましょう。

5.警備員から転職するべき職種は?

警備員から転職する際には、自身のスキルや経験を生かせる職種を選ぶことが重要です。以下では、警備員から転職しやすいおすすめの職種を紹介します。

5-1.営業職

警備員としての経験から、コミュニケーション能力や人間関係構築能力が身に付いていることが多いです。これらのスキルを活かせる営業職は、転職先として適しています。営業職は成果に直結するため、自分の頑張り次第で給与やキャリアアップのチャンスが広がります。

5-2.サポート業務

警備員としての経験から、きめ細やかなサポートや細かい作業に慣れていることが多いです。このような能力を活かせるサポート業務もおすすめです。例えば、接客業やカスタマーサポートなど、お客様とのコミュニケーションや問題解決能力を求められる職種があります。自分の得意分野を活かして、新たなキャリアを築くことができます。

5-3.事務職

警備員としての経験から、ルールやマニュアルに基づいて業務を遂行する能力が身に付いていることが多いです。事務職は、正確性や細かい作業への適性が求められるため、警備員から転職する際に適した職種です。オフィス環境での業務やデータ入力など、組織の運営を支えるポジションを目指すことができます。

6.まとめ

警備員から未経験の職種や業種に転職するためには、自身の目指すキャリアや条件に合わせた準備が必要です。自己分析や転職先の調査、面接時のアピールポイントなど、具体的な方法を把握しておくことが大切です。転職先でやりがいを見つけ、将来のキャリアを築くために、準備をしっかりと行いましょう。警備員から新たなキャリアにシフトすることは可能です。警備員として培った経験やスキルを活かして新たなキャリアを築くため、ぜひこれらのポイントを参考にしてみてください。

20代の転職なら転職エージェント

他の業界や職種からでも、前向きな転職理由を述べれば、転職は実現可能です。新しいキャリアを模索している方には、転職エージェントの活用がおすすめされています。是非、そのサポートを検討してみてください。

体育会データベースキャリア

体育会DBバナー

おすすめポイント

  • スポーツの経験者に特化した求人紹介と転職支援
  • 20代に特化したサポート
  • 未経験OKの企業の求人が多数
  • 働きながら転職+スキルアップ
  • 土日祝日・昼夜問わず面談が可能
  • 給与などの条件交渉サポート
  • 利用料が無料で費用負担なく企業選びの選択肢を増やせる

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事